完全自動配車システム LYNA2(ライナ2)は、ワンクリックで配車・配送計画を最適化し作成:株式会社ライナロジクス

株式会社ライナロジクス

MENU


case活用事例

LYNA2

株式会社 日本アクセス 様

限られた時間の中で精度の高い「物流提案」を!
ワンランク上の物流サービス提供を目指す

 株式会社日本アクセス様が自動配車システムを導入した目的はふたつある。
 ひとつは、お客様に対して今まで以上にスピーディーかつ精度の高い物流を提案すること。
 もうひとつは、全国各地の物流拠点における配送費の適正さを検証すると同時に、配送費削減に向けたシミュレーションを実施するためである。
 しかしながら自動配車システムの導入による一番の大きな効果は、配送費の「見える化」がもたらす社員のコスト意識の向上にあった。

お話を伺ったお客様


導入の背景

お客様の要望を的確に捉えた提案作成

  • 配車計画を短期間で作成することが常に求められる業務
  • 限られた時間で荷物や地域の実情に合った配車計画を作成したい
 食品卸の大手企業として、日本国内の隅々にまで多彩な商品を届けている日本アクセス様。ロジスティクス本部は、本社の物流部門として全国各地の物流拠点の運営管理を行うほか、お客様である荷主企業へのさまざまな物流提案も担当している。
 お客様への物流提案には、現状や要望、地域の実情などを考えながら配車計画を迅速に作成する必要がある。しかし、多様な条件を考慮して配車計画の精度を高めようとするほど、作成に多大な時間を費やすことになり、スピード感が失われてしまう。
 配車計画の作成において、精度の高さと作成期間の短期化の両方を追求したいとの思いが、自動配車システムの導入の検討につながった。

選択と導入

操作の簡単さが多目的な活用を可能にする

  • マスターデータの作成も含めて操作が容易で、誰でも利用可能
  • お客様への物流提案以外にも活用の場が広がる
 自動配車システムの導入にあたっては数社の製品が候補に挙がったという。その中で『LYNA2』を選んだ決め手のひとつは、使い慣れたExcel でマスターデータを作成し、取り込むことが可能であったこと。これにより配車条件の設定や変更が簡単にできる。『LYNA2』自体も操作が簡単なため、以前はパートナー企業と一部の社員に限られていた配車計画の作成業務に、新人を含む他のスタッフが加われるようになった。
 現在では、お客様への物流提案以外にも物流センターの統廃合シミュレーションや既存物流センターの配送費の検証など、さまざまな分野に活用の場が広がっている。

導入の効果

社員のコスト意識が向上

  • 配送費に対するコスト意識と重要性の認識が向上
  • 業務への責任感とモチベーションが上がり、成果につながる好循環
 『LYNA2』導入の一番の効果は、実は配車計画に携わる社員の意識の変化に現れたという。配送費は物流費の大半を占める重要な要素ながら、その詳細を把握し、重要性を理解することは難しい。それが、スタッフそれぞれが『LYNA2』で配車計画を作成して配送費を検証することで理解が進み、重要性が認識されていった。
 それに伴い業務に対する責任感も自然と身に付いていった。業務へのモチベーションの向上は『LYNA2』の高度な操作の習得にもつながり、今では多様な案件に短期間で対応できるようになったという。

今後の展開

『LYNA2』を活用して更なる提案力強化

  • 作成した配車計画を検証し、信頼を得た上で活用を推進
  • お客様の要望を超えた提案を行い、一体となって改善に取り組む
  • 社内での利用実績を積み、さらに多くの現場の改善を目指す
 日本アクセス様では『LYNA2』で作成した配車計画に従って試走を実施。配車計画が現実に利用できるレベルであることを確認し、パートナー企業や社内の信頼を得て活用を推進している。
 当初の導入目的である物流提案では、お客様の要望を満たすだけでなく「納品日を変更したら」「納品時間を早められれば」といった「たら、れば」提案を実現。お客様と一体になった物流改善への取り組みにつながっている。
 日本アクセス様社内でも活用が進んでいる。すでに中四国支社では運用改善に利用し、収支に大きく貢献。他の支社への導入も視野に入れながら、さまざまな現場で活用を検討している。

LYNA2 導入の効果

  • 配車計画作成の負担を減らしながら精度向上も実現
  • スタッフのコスト意識と業務に対するモチベーションが向上
  • 一歩踏み込んだ提案を実現し、高品質な物流サービスの提供につなげる

会社概要
会社名 株式会社 日本アクセス
本社所在地 東京都品川区大崎1-2-2 アートヴィレッジ大崎セントラルタワー
創業 [創立]1952年10月1日 [設立]1993年10月1日
売上 1兆4169億円(2010 年度・連結)
事業内容 食品、農産物、酒類、タバコ、医薬品、医薬部外品、化粧品、肥料、飼料、園芸用品等の販売および貨物運送取扱事業
URL http://www.nippon-access.co.jp/


case
導入事例

047-701-5526

受付時間:10:00~17:00 (土曜・日曜定休)