Case

J社 様

~ 導入の決め手は、シミュレーションで実輸送に近いデータを得られたこと~


株式会社ライナロジクス(本社:千葉県市川市、代表取締役:朴 成浩、以下「ライナロジクス」)が提供する完全AI自動配車システム「LYNA(ライナ) 自動配車クラウド」が、J社様に導入されました(2022年5月~)。


「LYNA 自動配車クラウド」の導入背景


J社様は、配車シミュレーションでの使用を目的に自動配車システムの導入を検討されていました。2024年問題が控えていることから、自動配車システムには、規制に対応した配車(車両稼働時間の制限を厳しくした配車)をした場合の輸送効率の影響確認と、それに対応した輸送ルートの見直しや拠点活用の検討を行う際のツールとしての役割を期待されていました。


「LYNA 自動配車クラウド」導入の決め手


さまざまな配車設定メニューを調整することで実輸送に近いデータを得られたことが決め手です。当初上手くいかなかった点もライナロジクスさんが行う定期ミーティングなどで解消できたことから、スムーズに導入検討が行えました。また、月額制で初期導入費用を低く抑えられたり面倒な手続きがなかったりしたことも導入へのハードルを低くしてくれました。


「LYNA 自動配車クラウド」に期待すること


自動配車結果に手修正を加えた際にかかる計算時間が短縮されることを期待しております。それから手修正結果の学習機能もあると良いですね。次同じようなシミュレーションを行う際の作業時間削減につながるのではないでしょうか。

J社 様
ご担当者様

「LYNA」シリーズについてもっと詳しく聞いてみたい、
資料請求をしてみたい、などお気軽に以下よりお問い合わせください。

自動配車を導入された企業さま情報

J社 様
会社名
J社 様