完全自動配車システム LYNA2(ライナ2)は、ワンクリックで配車・配送計画を最適化し作成:株式会社ライナロジクス

株式会社ライナロジクス

MENU


case活用事例

LYNA2・エリアマーケティング支援

株式会社 日立物流 様

配車シミュレーションの信頼性が収支改善の鍵
自動配車を効果的に使い的確な改善策を打ち出す

 多彩な物流サービスを世間に広く提供する株式会社 日立物流様。その輸配送の現場を収支改善活動の面から支える輸送改革部では、支援要請に対応する中である思いに駆られていた。
 収支がはっきりしない配車シミュレーションを改善策の根拠としてよいのだろうか?
 担当者のシミュレーション手法の違いが結果に影響していないのだろうか?
 自動配車システムを活用し、公正な配車シミュレーションに基づく業務改善の手法を確立する。すべての現場に的確な改善策を届けるために、改善プロセスの標準化が始まった。

お話を伺ったお客様


導入の背景

配車の差が改善効果を左右している懸念

  • 配車シミュレーションの完成度が収支改善の成果に影響
  • 自動配車システムを使うことで業務改善プロセスを標準化したい
 日立製作所の物流子会社として創業した日立物流様。現在はあらゆる業種・業界へ高度な物流サービスを提供している。輸送改革部のミッションは輸配送現場の収支改善支援だ。これまでは担当者が個々にプロジェクトを進めており、配車シミュレーションも手作業で行っていた。
  「人による配車にはあいまいさが残りますし、収支も分からない。配車の考え方や手法は人によりまちまちで、その違いが改善プロジェクトの成果を左右する可能性もあります。とはいえ配車には絶対的な正解がなく、評価すら難しい」
 自動配車なら個人差を排除しながら配車の精密さと作業効率が両立できる。そこで、自動配車の利用を前提とした業務改善手法を確立し、業務改善プロセスそのものを標準化することにしたのである。

選択と導入

収支を基準にした明快な配車

  • コスト基準で配車するという考え方が目的に合っている
  • 配車計画と拠点立地を併せてシミュレーションできる環境を整備
 導入製品はグループ会社の製品を含めて検討。他部署で先行して導入されていた『LYNA2』も候補となった。
 「収支を基準に配車するという考え方がマッチしているのが選定理由でした」 
 配送エリアの見直しや拠点移設などの観点からもシミュレーションを行うため、『エリアマーケティング支援オプション』も導入し、拠点立地と配車計画を併せてシミュレーションできる環境を整えた。
 現在はプロジェクトに活用しながら操作の習得とシミュレーション手法の開発に取り組んでいる。利用上の課題はデータ作成作業の効率向上だ。現状分析に欠かせない、運行実績などのデータ整備を省力化する方法を探っている。

導入の効果

多様なシミュレーションを実施

  • 手作業で行っていた分析も『LYNA2』上で効率よく実施
  • 手配車でのシミュレーションの「正しさ」の評価の拠り所に
 日立物流様では様々な配車シミュレーションを『LYNA2』で実施している。以前から行っていた、輸配送の現状をガントチャートで再現する「実績再現」を『LYNA2』上で行い、問題点を抽出するなど作業手順の道筋も付けつつある。 改善提案の説明には帳票類を活用している。
 シミュレーション内容の精査も行われ、自動配車では人が慎重に実施した場合と同レベルの結果が得られるとの結論に達した。自動配車の結果は配車計画の評価基準として信頼できると認められている。
 改善提案を受けた現場から自分たちも『LYNA2』を使いたいとの要望もあった。
 「独自の情報や経験を持つ担当者が使用すれば、一層の効果が期待できます」

今後の展開

現場が求める改善策の姿を具体化する

  • 業務改善の手法やKPI を確立し、実現性の高い改善提案を追求
  • 現場の改善だけでなく営業活動にも活用範囲を広げる
 輸配送業務の改善手法の開発は道半ばであり、今後も取り組みが続く。並行して目指すのが計画内容の高度化だ。改善策には実行性が求められる。顧客の要望や特性への対応に加え、現場からは効率のよい固定ルートを求める声が大きい。
  「ある程度長期間を通じたベストルートの作成手法を確立したいですね。現場の『本当にシミュレーション通りに走れるのか?』という思いに応えたい」
 今後は営業での活用も期待されている。
 「使い込むほどに、もっと使い込まねばという気になります」
 高効率な物流サービスを広く提供するという日立物流様の強みをさらに強化すべく、多角的な活用が期待されている。

LYNA2・エリアマーケティング支援 導入の効果

  • 外的要因に左右されず輸配送業務の分析や改善策の策定ができる
  • 配車計画の評価基準ができ、客観的な評価が可能になる
  • 現場の要望に沿った実行性の高い改善提案への道が開ける

会社概要
会社名 株式会社 日立物流
本社所在地 東京都江東区東陽7-2-18
創業 1950 年2 月
売上 連結売上高 5475 億1700 万円(2013 年3 月期)
事業内容 国内外におけるシステム物流(3PL)事業
一般貨物・重量品・美術品などの輸送・搬入・据付作業
工場・事務所などの大型移転作業
倉庫業
トランクルームサービス
産業廃棄物の収集・運搬業
海外現地物流業務
航空運送代理店業
物流コンサルティング業  ほか
URL http://www.hitachi-hb.co.jp/


case
導入事例

047-701-5526

受付時間:10:00~17:00 (土曜・日曜定休)