News

ニュース

「LYNA(ライナ) 自動配車クラウド」に新機能 | CO2排出量を可視化する「CO2排出量算定機能」の提供を開始します。

~ CO2排出量削減の取り組みに寄り添う自動配車システムへ ~


株式会社ライナロジクス(本社:千葉県市川市、代表取締役:朴 成浩、以下「ライナロジクス」)は、完全AI自動配車システム「LYNA(ライナ) 自動配車クラウド」の新機能「CO2排出量算定機能」の提供を開始することをお知らせいたします。

■背景
SDGs実現に向けて、企業のCO2排出量削減・脱炭素化への取り組みが問われる時代となりました。特に運送業界は、かねてからCO2排出量削減・脱炭素化という環境課題とは密接な関係にあり、国土交通省のデータによりますと2019年度における日本のCO2排出量(11億800万トン)のうち、運輸部門からの排出量は約2割、さらにそのうちの約2割が営業用トラックから排出されているとしています(※1)。
運送業界全体のみならず企業においても取り組みが不可欠な状況であり、CO2排出量削減・脱炭素化をミッションに掲げ、取り組みを進める企業は増加傾向にあります。
ライナロジクスは、このような社会背景を鑑み、「LYNA 自動配車クラウド」にCO2排出量を可視化する新機能「CO2排出量算定機能」を加え、5月24日より提供開始いたします。
この度の機能追加はじめ、ライナロジクスは、脱炭素化を主要課題の1つとして位置づけ、SDGsを実現するために様々な取り組みを推進しております。

■「CO2排出量算定機能」の概要・効果
「LYNA 自動配車クラウド」では、これまで、帳票上でCO2排出量を計算して出力することでCO2排出量を把握できましたが、「CO2排出量算定機能」により、「LYNA 自動配車クラウド」で立案した配車計画に対するCO2排出量を、画面上で簡便に確認できるようになります。(Excel出力も可能)



これにより、走行前の計画段階でCO2排出量を見積もることが可能になり、運送事業者様におかれましては、よりCO2排出量を意識した配車計画に基づいた、輸配送業務が遂行できるようになります。荷主企業様におかれましては、物流シミュレーションでの利用により、貨物量に対する適正なCO2排出量を把握でき、環境面に即した物流改善にお役立ていただけるようになります。
なお、CO2排出量は、経済産業省・国土交通省が作成した「ロジスティクス分野におけるCO2排出量算定方法共同ガイドラインVer. 3.1」(※2)の改良トンキロ法に基づき算出します。

(※1)出典元:国土交通省「運輸部門における二酸化炭素排出量」
https://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/environment/sosei_environment_tk_000007.html#:~:text=%EF%BC%91%EF%BC%8E%E9%81%8B%E8%BC%B8%E9%83%A8%E9%96%80%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E4%BA%8C%E9%85%B8%E5%8C%96,%EF%BC%85%E3%82%92%E5%8D%A0%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82%E3%80%8D

(※2)出典元:経済産業省・国土交通省「ロジスティクス分野におけるCO2排出量算定方法共同ガイドラインVer. 3.1」
https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/ninushi/pdf/guidelinev3.1.pdf


■ライナロジクスについて
ライナロジクスは、AI(人工知能)研究の中心的な技術である「組合せ最適化」技術をコアに、専門的なアルゴリズム研究が必要な高度なソフトウェア開発を行うスペシャリスト集団です。

会社名 株式会社ライナロジクス
https://lynalogics.com
本社 千葉県市川市八幡3-4-8 田中ビル4F
代表者 代表取締役 朴 成浩
設立 2000年5月9日
事業内容 コンピューター上で動作するスケジューリング・システムの研究・開発
効率的なロジスティクスを実現するコンサルティング
各種情報システムの導入支援


■完全AI自動配車システム「LYNA 自動配車クラウド」について
ライナロジクスが提供する、完全AI自動配車システム。企業ごとに異なる複雑な制約・条件を網羅し、配車計画に不可欠な距離や時間、人件費といった配車コストを最重要視して計算。何万〜何十万通りの計画を瞬時に比較検討しながら、トータルコストに最も優れた配車計画を高速で提案します。
https://lynalogics.com/service/dispatch/

<本件に関する報道関係のお問い合わせ先>

株式会社ライナロジクス 営業部 マーケティングチーム 広報担当:須藤
電話:047-701-5526
FAX:047-701-5527
E-mail:kouhou@lynalogics.com